カメラのお仕事

「フォトグラファー」というお仕事を知っていますか?このお仕事を簡単に説明するなら「カメラマン」という事になりますが、写真を撮るだけのお仕事ではなくその写真を使ったポスターを作製したり、加工したりとさまざまなお仕事をこなします。日頃よく目にする看板広告や雑誌などの写真を撮っているのが「フォトグラファー」なのです。

◎世界中を旅するフォトグラファーファッション雑誌や旅行雑誌の写真を撮影したり、自分の好きな世界(例えば、海や雪山それから動物など)を何日も何ヶ月も、時には何年もかけて写真を撮り、それを本にして出版している人もいます。世界中のあらゆる場所に出向き、写真を撮ってそれを公開する事で、広い世界を見た事のない人達にも見せもらう事が出来るのです。戦争や紛争の中で写真を撮る人も同じように、みんなに世界の真実を見てもらうために写真を撮っているのです。それが「フォトグラファー」です。

◎恒例の写真撮影日本には、行事の時に記念撮影をする習性があります。例えば、生まれて100日目の日や幼稚園や小学校の入学式それから七五三や成人式など、大人になってからも結婚式などで記念撮影をします。その行事の撮影を行うのも「フォトグラファー」の仕事です。雑誌や広告と聞くと、なんだか雲の上の話のように感じますが、意外と身近にも「フォトグラファー」のお仕事をしている人がいるかもしれませんね。

健康のためにカルシウムについて知りましょう。

歯科のお仕事について
歯科で働こう

カルシウムについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて