歴史ある営業スタイル

保険外交員のお仕事は昔から女性のお仕事でした、現代は電話やインターネットの導入に伴い、その概念も変わってきましたが、今でもやはり多くの女性が「保険外交員」として、育児と仕事に頑張っています。そんな「保険外交員」のお仕事をご紹介したいと思います。

◎さまざまな勉強をする保険外交員日本の保険外交員は、その会社に入社すると最初に勉強をする事から始まります。その内容は、保険に対するさまざまな知識を身に着ける事と個人情報の保護についてや販売する商品についてなどを学びます。そして、販売人資格を取得して初めて外交員としてデビューできるのです。

◎子育てに最適な職場保険外交員は女性が多いため、こどもを持ち仕事をする事への悩みを抱えている方も多くいます。そのため、保険会社は残業をしないように推進すると共に、急なケガや病気の時の事を考え仕事をフォロー出来るようにチームで動くようなシステムを作っています。会社によっては、託児所を設けているところもあるようです。

◎足で出向き、親身になる保険外交員は自らの足を使い営業をして回ります。1つ1つ地道に企業開拓をして、保険の良さを紹介していきます。そして、自分のお客さまには保険加入後も親身になって話を聞いたり、相談に乗ったりします。営業とは、人と人との繋がりです。現代はさまざまな機械やテクノロジーが人を繋げていますが、本来あるべき姿はこの営業スタイルなのかもしれません。

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
Haier