シェフへの道

カフェやレストランには、大まかに2種類の仕事があります。1つは厨房内のお仕事と、もう1つが店内のお仕事です。キッチンで料理を作るお仕事の「料理人」が厨房でお仕事をします。大きなレストランでは、もっと細かく仕事が分かれていて会計係りの「キャッシャー」や、料理に合わせたワインやドリンクを選んでくれる「ソムリエ」などの仕事もありますが、今回はカフェやレストランの「キッチン」のお仕事をご紹介したいと思います。

◎料理を作るお仕事1・制服があるカフェやレストランで料理を作る人は、シェフ用の制服やエプロンを着用します。それ以外にも、髪の毛が入るのを防ぐため帽子やバンダナをする事が多いようです。2・マニキュアや爪の長さはNG料理に入ってしまっては困りますし、衛生的に良くないという事からマニキュアや爪の長いのはNGとなっています。

3・料理を覚える前に、覚える事!!レストランなどは、料理を一人前に作れるようになるまでにやらなくてはいけない事がいくつかあります。その中の1つにお皿をキレイに洗うことです。キッチンのアルバイトから始めた方は、必ず通る道なのです。4・料理を作る人が1番忙しいのは、仕込みの時間。レストランやカフェで料理を作る前、お店がオープンする前に必ずやらなくてはいけないのが「仕込み」です。「仕込み」とは、注文が入ってからすぐに料理を出せるように予めした下ごしらえをしておく事です。手間のかかる料理や食材のために、朝早くキッチンで「仕込み」を行います。

5・レストランやカフェで1番忙しい時間帯は、やはりランチタイムとディナータイムです。キッチンでも次々入る注文に追われますが、食事を終わったお客さまが「美味しかった」とか「ごちそうさま」と言ってくれるのが何よりの喜びです。6・飲食系のお仕事には「まかない」がついてくる事が多いのですが、これが絶品!!レストランやカフェで使っている食材を使って作るので、美味しいです。美味しいレストランの味を毎日味わえるのも1つの魅力ですね。料理を仕事にする場合、料理の専門学校に通う方法とアルバイトから始めて料理人になる方法があります。資格を必要とするジャンルの料理人は学校に通って学ぶ方が多いようです。

エステのお仕事について
エステで働くには